子供が好きなことを見つけて、チャレンジする力

あなたは、自分の子供にどんなふうになってもらいたいですか?

自ら好きな事や夢を見つけ、チャレンジしていく

そんな子に育ったら素晴らしいと思いませんか?

そんな子に育ったら嬉しくありませんか?

将来、あなたの子供が好きな職業について、自立していくこと、夢を実現していく姿を想像してみてください。

■好きなことを見つける力

では、「好きなことを見つける力」とは何でしょうか?

「好きなこと」と言っても、突然好きなことが目の前に現れるわけでもなければ、最初から好きと感じるわけではありません。

「面白い!」 「楽しい!」 「かっこいい!」 「かわいい!」

と言った純粋な気持ちから始まるのではないでしょうか。 だから、「やりたい!」と思い、何度も繰り返しているうちに、「好き」と言う感情が湧いてくるのではないでしょうか。

楽しく繰り返していれば、より難しいことにも挑戦していきます。 試行錯誤しながら、自分なりに工夫して取り組んでいく、その中で、目標になるものが見つかってくるのだと思います。

例えば、サッカーで考えて見ましょう。

初めのうちは、友達と楽しく遊ぶところから始まります。 そのうち、TVでサッカーの試合を見るようになります。

TVの中では、有名なサッカー選手が凄いプレーをしていて、それを見て「凄い!」「あんな選手になりたい!」「あんなプレーがしたい!」と「驚いたり」「感動したり」します。

翌日には、友達と昨日のサッカーの試合について話が盛り上がります。休み時間には、TVで見たプロ選手のプレーを皆で真似してみますが、なかなか上手くいかず、何度も試行錯誤して挑戦します。

もっと上手くなりたいと思い、サッカー教室に行きたいと言い出します。

サッカー教室では、同じようにサッカーが好きな友達がいて、一緒になって上手くなろうと、難しいことにも挑戦していきます。

そして、いずれ、プロの選手になりたい、日本代表に入りたいと夢を描くのではないでしょうか。

「好きを見つける力」とは、「興味」を持って、何度も繰り返し挑戦していく力だと考えています。

■チャレンジする力

「チャレンジする力」は、大人になっても、難しい仕事、新しい仕事に挑戦して、道を切り開いていくために重要な力になります。

では、ただ単に難しいこと、新しいことに挑戦することが「チャレンジする力」なのでしょうか? ただチャレンジするだけでは「チャレンジする力」とは言えないのではないでしょうか?

私たちS-Rankは繰り返し、試行錯誤し何度も挑戦していく事が「チャレンジする力」だと考えています。

■「好きを見つける力」「チャレンジする力」とプログラミング教育

今、世界では教育として、プログラミング教育が注目を集めています。 これは、プログラミング的思考(論理的思考)が、何をするにしても、 将来どんな職業に就くとしても、普遍的に求められる能力だと考えられているからです。 では、それが「好きを見つける力」「チャレンジする力」とどんな関係があるのでしょうか。

好きを見つける力(「興味」を持って、何度も繰り返し挑戦していく力)は、まず、興味を持つことから始まります。 つまり、「面白い!」「楽しい!」と言った感情です。

プログラミングは、その場で作った物を、その場で動かすことが出来ます。 理科の実験と同じように、自分の手で行い直ぐに結果を体験することができます。具体的な体験することで「驚き」や「感動」を得て、興味へと繋がっていきます。しかも、プログラミングは自由に発想して作ることが出来るため、自分が思い描いたものが、形になって動いて見えるのは、分かりやすく、子供にとっては非常に楽しい体験になります。

チャレンジする力(試行錯誤を繰り返し何度も挑戦していく力)は、試行錯誤することが大切です。 プログラミングは、思うように動かすために、作ることと動かすことを何度も繰り返します。 思っていた動きと違う動きになれば、どこが問題なのか考えて作り直し、もう一度動かしてみる。 そう言った、問題発見と問題解決を行いながら、試行錯誤して取り組んでいくことを実体験として学んでいきます。

作るものが難しくなるほど、試行錯誤を繰り返し挑戦していくことになります。 試行錯誤を繰り返し、難しいものが思うように動いたときの喜びや感動は、さらに難しい課題への挑戦へと繋がっていきます。

プログラミング教育は、決してプログラマーを育成するための教育ではありません。 技術の進歩により、世の中の変化がどんどん速くなっていくなかで、あなたの子供が、世の中の変化に柔軟に対応し、自分の好きなことを実現していくために、今まさに必要とされている能力です。

私たちS-Rankも、子供たちが将来、自分で好きなことを見つけて、チャレンジしていく姿を想い描きながら、日々取り組んでいます。

2017-02-08
前後の記事